スポンサーリンク

【手書き家計簿】忙しいママでも簡単につけられる家計簿を紹介!

お金節約

お金の管理をしたい。

子供の為に貯金したい。

自分の老後が心配…

 

これらの悩みを解決するために

まず、

家計のお金の流れを知ることが大事です。

 

私は。家計簿に何度も挑戦しましたが

続かない&よくわからない。

そんな状態で、27年間生きてきました。

 

そんな私でも、家計の管理ができるようになり

2年で300万円ためることができた

手書き家計簿のつけ方を紹介します!

【手書き家計簿】忙しいママでも簡単につけられる家計簿を紹介!

私は27歳で結婚し、現在3人の母です。

 

2人目が産まれるまで

家計の管理は全く出来ませんでした。

家計簿さえつけてない。

なんとなく、生活できてるし…

いいかな?とお気楽なママでした。

 

ところが、ある日ふと思いました

今年は、車も買い替え&カーポート&庭作り。

教育資金って1人1000万かかるっていうけど

子供2人で2000万必要?

 

私は電卓を取り出して計算をはじめました。

 

無理だ。

今のままじゃ溜まるはずがない。

その時の貯金は、子供の学資保険に入っているだけでした。

(満期で300万円)

 

そこで現実を知り

家計のお金を管理しようと思い立ちました。

家計管理のきっかけになった本

この本に出会って

私は、自分なりの家計簿をつけることができました!

 

私のやり方も、この本を基本にして

アレンジしたものですので

元を知りたい方は、是非読んでみてください!

手書き家計簿の書き方

①固定費を把握しよう

まず固定費を書きだす。

思いつく限り全て書き出してください。

 

先に言いますが

最初から、すべて書き出すのは無理です。

 

現状管理できてないのに

全ての固定費を書けるわけがないんです笑

 

半年間家計簿をつけ続けて、

ようやく固定費が定まりました。

 

あとから、「あれもあった!!!」ってなるんですよ、毎月( ;∀;)

 

うちの場合の固定費は

・家賃
・ガス
・水道
・電気
・携帯+Wi-Fi料金
・お小遣い(2人分)
・ガソリン代
・ETC代
・子供の習い事
・契約テレビ
・保育料

 で定まりました。

②収入・固定費・貯蓄額を書き出す

固定費が決まったら

このような書き方をします。

 <全体像>

 <書き方>

①日付・収入・固定費・毎月貯蓄額・累計貯蓄額を記入する。

②収入から、固定費と毎月貯蓄額の合計額を引く。

今月使えるお金が

残金の金額になります。

③買い物したものを書いていく

①日付・品目・金額を記入する。

②赤字で、使った金額を書いていく。

 

食費の金額や日用品だけの金額が知りたい。

値段の相場が、わかるようになりたい!

(牛乳は、いくらだったら安いのか)

という時は

 

レシートを見て、全てを書き出す事をオススメします。

こんなかんじで

レシートを写していけばOKです!

 

いつの間にか、相場を覚えています!

(私は、半年書いて覚えました)

④特別費の書き方

ここで、一番大事なポイント!!!

医療費税金(固定資産税等)、特別に買ったもの(防災グッズ等)

特別にかかったもの(習い事の教材費・車検・タイヤ等)は

特別費に計上する!!!

①医療費・イベント費・その他に分けて記入

②月ごとに集計して、合計額を書く。

 

どのぐらいの

税金や贅沢品の支出があるかわかります。

 

こっちのが厄介です。

 

我が家では、

昨年130万円の特別費がありました。

 

月にかかる食費や日用品費は、

家計簿をつけて半年ほどでわかります。

 

ですが

年間かかる特別な費用を把握するのは

とても難しいです。

どのぐらいで、家計を把握できる?

最低、1年はかかります。

 

年間の特別費が見えてこないと

貯蓄計画も立てづらいからです。

 

ですが、ここまでわかれば

年間貯金できる金額も見えます。

節約すべきところも見えます。

 

月にいくら残せばいいのか。

年間どのぐらい貯金できるのか。

これから、どのぐらいお金が必要なのか。

 

これが、わかれば

家計を管理できたも当然です(*’ω’*)

手書き家計簿でできるようになること

月に使えるお金がわかる(お金を使う罪悪感なし!)

②買ったものを記入する事で、ものの相場を覚える

③家族に家計状況を説明できる。

④お金がかかる時期がわかる。(車税や固定資産税など)

まとめ

私は、今まで感覚で家計をやりくりしてました。

 

気にしていたのは食費や日用品で

贅沢しないようにしようとしてました。

 

家計を管理できるようになると

決意するまでは

ダメダメお母さんでした。

 

でも

大事なのは

現状を受け入れて、改善すること

 

怖がらずに、今の現状を知るために

継続して家計簿をつけてみてください。

 

少しでも、悩んでる方の参考になればうれしいです( ;∀;)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました