スポンサーリンク

神社でいただいたお神酒…これってどうしたらいい?私はこうしました

神社常識シリーズ☆

厄払いや初詣でいただく「御神酒」

とりあえず、神棚に飾っておいたけど…これってこの後どうしたらいいの!?

 

特別なお作法とかあるの…?

お酒飲めないんだけど…という方はご心配なく!

 

簡単にご利益を受けることができる方法をお伝えします!

神社でいただいたお神酒…これってどうしたらいい?

御神酒って?

神様にお供えするお酒のことです。

神前にお供えした後に、御神酒をいただくのが一般的です。ご利益があるとされています。

 

持ち帰った当日が、一番ご利益があるとされています。

当日に、そのまま飲んでしまうのが一番オススメの方法です。

お酒として飲む

ご利益があるとされているお酒なので、嫌なことがあった時や疲れた時など

「ご利益をうけたい…!」と思った時に飲むのがオススメです!

大事なイベントがある前日に飲むのもいいですね(*’ω’*)

 

自宅で飲むときの作法やマナーはありません。

神様への感謝の気持ちをもって、いただきましょう。

 

お酒が弱い人は、一口だけ飲んでもOK!

わたしも弱いので、一口づつチビチビ飲んでます(*’ω’*)

ですが開封後は、酸化していくので1週間をめどに飲み切りましょう!

料理酒として使う

お酒が飲めない・日本酒はちょっと…という方は、調理酒として使用しましょう。

 

神様からもらったお酒を使った料理を食べることで、ご利益を受けることができます。

こどもや妊婦さんでも、料理酒としてなら問題なくいただけますね!

 

製造から1年間までが飲み頃で、開封後は1週間ほどで使い切りましょう。

まとめ

御神酒をもらって帰ってきたら

①すぐ飲んじゃう!

②製造月日から1年以内、開封後は1週間以内に飲む

③料理酒に使う

 

御神酒もらって、どうしようか迷っていたら3つのやり方でご利益をうけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました